SD-PE43U3A-4E4I (Black Edition)

世界初!8ポート同時接続・転送可能なUSB3.0インターフェイスボード

 SD-PE43U3A-4E4I(Black Edition)は高速転送が可能なUSB3.0を8ポート同時に使用可能なインターフェイスボードです。

                                                        ※2017年11月時点 当社調べ

8ポート同時接続可能

 合計8ポート分のUSB3.0ポートを増設することが可能です。ケースの外側にはUSB Aを4ポート、内側には便利な19pin(2ポート分)を2つ備えております。本製品一枚でケースのフロントもリアもUSBポートを充実させることができます。

コントローラー4基搭載

 安定した高速転送が可能なASMedia社製コントローラー・ASM1042Aを4基搭載しております。すべてのポート(pin)に接続したUSB機器の同時接続が出来ます。

 

ASM1042A

x4基搭載

Pericomブリッジ搭載

 転送速度を確保しながらも、基板サイズを抑えることが可能なPericomブリッジを搭載しております。また多層基板に設計することで、サイズを23%縮小しました。なお転送帯域を確保するために、本製品はPCI Express x4 GEN2にネイティブ対応となります。

ブリッジIC

PCI Express x4 Gen2

優れた電力設計

 大型な降電圧コイルで、SATA電源から入力される12V電圧を5Vに降圧させ、SATA電源とPCI Expressから合計7.2Aの電力を供給。これにより、8ポートにそれぞれ十分な駆動電力(900mA)を供給させる設計になっております。

 また高品質な固体コンデンサー2種類をそれぞれ配置し、安定した電力供給ラインを確保しました。

固体コンデンサー220uF/10V   47uF/16V

降電圧コイル

30周年を記念したブラックエディション

 特別な黒塗装基板、ダーククロームカラーブラケット、ケースの中に組込むことでパソコン背面から見た時に特別モデルであることを表します。通常の拡張カードにはない、落ち着きのある、ハイエンドらしい高級感があります。

商品動画

商品写真やイメージ

 30周年記念

USBポートキャップ×4個付き

ベンチマーク

商品スペック

型番:                   SD-PE4U3A-4E4I

インターフェイス:    USB3.0

転送速度:            【USB3.0】5Gbps

           【USB2.0】480Mbps

                                (各理論値)

コントローラー:     ASMEDIA1021A ×4

             Pericom (ブリッジ)

スロット形状:      PCI Express ×4 (Gen2※1)

本体サイズ:       約145×87.4mm/94g

対応OS:        Windows10/8.1/8/7

                                 (各32/64bit OS対応)

付属品:        ・ドライバCD(8㎝サイズ)

            ・取扱説明書

            ・USBボードキャップ×4

諸注意:

 

・Windowsはマイクロソフト社の登録商標です。また、弊社商品ページに表記している他社社名及び商品名はそれら各社の登録及び登録商標です。

 ・予告なしに本製品の仕様及びデザインの一部を改良する場合がございます。本製品の情報は2017年11月時のものです。

 ・本製品の保証はご購入日より1年間製品の保証をお約束するものです。保証期間内であっても、一部の機器で発生する不具合及び動作不良は保証の対象外となります。詳しくは【製品保証規定】よりご確認下さい。

 ・弊社商品は電話によるサポートは一切行っておりません。お問合せの場合はお客様サポートメールにて問合せ頂きます様、お願い申し上げます。

  ・本製品の写真やスペックは予告無に改良する場合がございます。本製品サイトに記載の商品写真は一部CGのものが含まれます。

 

※1:接続はPCI Express ×8や×16であっても、Gen2以上でないと動作はしません。

◆Windows7ではAsmediaのドライバを使用します。その際、UASPはご利用いただけません。必ず接続前に取り付け予定のマザーボードの仕様をご確認ください。◆転送速度は接続のPCI Express並びにマザーボードの処理能力によりましても異なります。

◆同時転送数が多いほど、転送速度の低下やCPUへの負荷がかかります。