SD-VACK(出力チェッカーズ)

      

 

 

 

 

 

 

 

        

 

 

 

 

 

 



 SD-VACKはデータラインのON/OFFスイッチがついており、データラインをオフにすると機種によっては高速充電モードが使用でき、本来のスマートフォンやタブレットが持つ充電能力を測定することができます。



 SD-VACKは、スマートフォンやタブレットの充電だけでなく、USB機器ならなんでも測定できます。例えばUSB接続のPCカメラの使用電気を図ったり、また、USB扇風機のようなUSBで駆動する機器の電気供給量を図ることも可能です。



SD-VACKは自動的に、ボルトとアンペアの両方を交互に表示します。また、リアルタイムに測定しておりますので、電気使用量の上下も簡単に把握できます。



SD-VACKは従来のチェッカーと違い、非常にボディがコンパクトであり、USBと本体部をクロスさせて設計したことで、使用する環境を選びません。



 SD-VACKは52mm*39mm*18mmと大変コンパクトにまとめられており、持ち運び性に優れております。また重量は20gと軽量で、USBコネクタに負担がかかりません。

・スマートフォンの充電速度が遅いと感じる場合:

SD-VACKのデータラインをOFFに切替え、現在入力しているアンペア数を図りましょう。もし、高速充電に対応しているスマートフォンにもかかわらず、数値が500mA前後であれば、高速充電モードが起動されていないということがわかります。

 

・スマートフォンの充電ができなくなりました場合:

まずは充電ケーブルを変えてみて、SD-VACKを使って測定してみましょう。問題がなければ、ACアダプタを変えて測定してみましょう。もし変えたケーブルやACアダプタで充電ができれば、元々使用していたもの故障しているということがわかります。

 

・ノートパソコンのバッテリーがすぐに減る場合:

USBポートに接続している機器が原因である場合が考えられます。SD-VACKを使って、USBマウス、USBハードディスク、USBスピーカーなどの使用電力を測定してみましょう。例えば、5V、1.5Aと表示が出れば、この測定したUSB機器の使用電力が7.5Wも使用していることがわかります。

 

・バッテリーの充電が終わらない・すぐ切れる:

スマートフォンの表示では充電マークになっているのに、バッテリ-の充電が終わらない。またはすぐにバッテリーが切れる場合、バッテリーの寿命が来ていることが考えらます。SD-VACKを使用して、しっかりと電気が入っているかどうかを測定しましょう。充電マークになっていても、実際は言っているアンペアが極端に小さくなっていることがわかります。

 

 


 

型番

SD-VACK

販売

販売終了しました。店頭在庫限りになります。

サイズ

約52mm×39mm×18mm

重量

約20g

対応電圧

USB4V-6V

測定可能A数

0mAー5A(±5%)

計測単位

0.01A単位/0.01V単位

消費電力

最大30mA

ボタン

データラインON/OFFボタン

本体材質

プラスチック